2018年春ベトナム・タイ LCC タイ Thailand ベトナム Vietnam 旅にいいモノ

【LCC】ベトジェット(vietjet)搭乗記 -ホーチミン→バンコク- 予約・価格・シート・荷物(計量なし)

投稿日:2018年4月25日 更新日:

こんにちはぴょんきちです

4月のベトナム・タイの2カ国周遊をしたときに、ベトナム(ホーチミン)からタイ(バンコク)までベトナムのLCC、ベトジェットに乗ってきました。

もともとはタイ航空を使おうと思ってました。時間もちょうどよくて料金も1万円くらい。
一番は空港がスワンナプームということ。LCCはドンムアン着が多いのでね。

でも、もたもたしているうちに、タイ航空の料金が高騰して手が出なくなってしまったので評判の悪いベトジェットのチケットをしぶしぶ取ったのでした。

エアアジアもあったけど、時間が早すぎるのと空港がドンムアン。
ベトジェットはなんとスワンナプーム空港着なのです。

ベトジェットのwebは日本語もあるけど微妙な感じで、進めて行くと英語になってしまう。
むしろ最初から英語サイトから予約したほうがわかりやすいよ。
本当にちゃんと取れてるのか心配しつつ、せっかっくなのでシートを指定(足元広い席)、機内食事前予約、荷物預け入れオプション追加して購入しましたよ。

ベトジェットのwebサイトはこちら

ベトジェット快適でした。不満なし。

結論から言うと何の問題もなく、とても快適なフライトでした!

ディレイが多くて評判悪いのは国内線が多いのかな?
国際線は大丈夫だと思うよ(自己責任でお願いします)

当日キャンセルあるんじゃないか、、何時間もディレイするんじゃないか・・とドキドキしながら早めにホテルを出て空港に向かったけれど、カウンターの混雑もなく、機内のスタッフもキビキビと無駄のない動き。
そして今時珍しい、非常時の救命道具の使い方をスタッフがレクチャー。
機内もキレイでシートも問題なし。

ちょっと面倒だった点・・足元に置いてある荷物に厳しくて、小さいバックも上の収納にいれられてしまうこと。

貴重品と全財産が入ったバックも上にぽいと入れられたんで、大丈夫かちと心配になったよね。
隣に座っていたアメリカ人のおじさんはウエストポーチまで入れられていて

わたしのバックなんてすごく小さいのに!プリプリ
と不満ブーブーでした。

鷹の目で荷物をチェック。どんな小さな荷物も見逃さないぜ!

チェックイン・予約した席・価格・オプション・機内食など

ベトジェットのチェックインについてネットで調べると「人がすごい多い」「かなり並ぶ」とあったので早めに空港にいったけど国際線はそうでもなかった。たまたまでしょうか?

厳しいと噂の荷物の計量は??

機内持ち込み用のバックパックは7キロ以下にしていったのに、ホーチミンーバンコクのチェックインカウンターでは荷物の計量はなかった。
わざわざ預け入れにしようと別にした紙袋をビニールバックにINした荷物(壊れ物じゃない)は預けようとしたら機内持ち込みにしろと言われて7キロ以上の荷物を持ち込みました。

今回の荷物・・バックパック(7キロ以下)1、エコバックみたいなお土産入れてるバック1、バックパックを軽くするために分けた荷物(紙袋をビニールバックで包んで口はホチキスで留めたもの)

荷物の重量制限が厳しいらしいので(7キロまで)色々対策していったけど全然スルーでした。
わけた荷物は預け入れだと破れそうだからダメだったのかな??

早めに行っても搭乗口の近くに売店とコーヒーのスタンドはあるので時間はつぶせます。
というか早めに行った方がいいよ。時間には厳しそう。

私の時は定刻より20分も早くドア閉まりました。
そして定刻より早く動き始めたけど混雑していたのか?実際の離陸は定刻過ぎてからだったよ(でも到着は予定通り)

土産もの屋

コーヒー屋の前にはテーブルもあるよ

オプションで選んだシート

 

1時間半の短いフライトなので別にどんな席でもよかったのだけど話のネタにいろいろオプション追加しました。

席は青い「非常口席」というところ。本当に足元広いか心配したけど広かったですw
これで見ると12列目は広くないように見えますが実際は広かったのでどちらの列を選んでもOK
赤い「特別」とある席が気になったけど、何が特別かは不明。怖いので選べなかった・・。

足元ひろい〜

シートピッチもそんなに狭くない

機内食や機内販売グッズ

機内食。水とセットで$5.29

 Combo Com chien(フライドライス)

当日頼むと水とフードで7ドルのようなので少し安くなってます。
事前予約はこれかスパゲティの二択だったのでこちら選びました。味は見た通り。不味くはない。ファーストフードな味。

1時間半のフライトなので頼んでいる人が少なくて、蓋を開けるとけっこう匂いがするのでちょっと気まずい感じ。

その他機内食やグッズに興味があればこちらをどうぞ(クリックで拡大します)

なぜか国内線と国際線で価格が違う
全種類あるわけではなさそう
カップ麺はちょっと興味ある
水2ドルは高い
グッズが赤なのでエアアジアと似てる
マルチ変換プラグ欲しかった
 

チケットの料金 時期によってはかなり格安です

今回のチケット料金は下記の通り。
オプションのシート、荷物、機内食がなければ99.7ドルです
プロモーションも頻繁に出しているので、ホーチミンーバンコク間のチケット10ドルなどで取れることもあるみたい。(下記のような税金やら何とかフィーが色々追加されますが)

・Airport Tax ITL 20.00 USD
・M_Eco - Eco 55.00 USD(チケット料金)
・Seat Assignment 3.96 USD(シート指定)
・Add Ons (0) - Goi (Bag) 15kgs 12.00 USD(預け入れ荷物15キロ)
・Add Ons (1) - Combo Com chien 5.29 USD(機内食)
・PMT Fee 5.00 USD
・Admin Fee ITL 7.05 USD
・Fuel Surcharge 9.25 USD
・Airport Security 2.03 USD
・APPS subcharge 0.96 USD
・BKK E8 FEE 0.41 USD
 合計 120.95 USD

ベトジェットの前評判を聞いて心配していたけど、国際線は全然問題なしでした!
次回もありそうです

人気の記事

1

  こんにちは、プチ鉄オタのぴょんきちです。 鉄道の旅というとロマンを感じるのは深夜特急の影響でしょうか・・ バックパッカーのバイブル「深夜特急」ですが、 私は最初に深夜特急を知ったのは本よ ...

2

*パダンブサールからバタワース行きの電車のタイムテーブル追加しました('18.8.16) こんにちはぴょんきちです。 いよいよ本当の「マレー鉄道」に乗りますよ。 長年やりたかった鉄道で国境越え、マレー ...

3

  こんにちはぴょんきちです。 前回ランパーンからバンコクまでタイ国鉄寝台列車の新型車両について書きましたが、 今回はバンコクからパダンブサールまで、新型じゃない従来の車両に乗ったのでそのレ ...

-2018年春ベトナム・タイ, LCC, タイ Thailand, ベトナム Vietnam, 旅にいいモノ
-,

Copyright© そこそこトラベラー , 2019 All Rights Reserved.