2017年新春 東南アジア周遊 役立つかもしれない情報

2017年新春 女一人旅・東南アジア周遊【旅しながら旅費を捻出?ノマド生活を試す】

投稿日:2017年4月12日 更新日:

"暮らすように旅をする"なら旅先で仕事もしなくちゃじゃない?

ノートPC片手に世界へ飛び出して、

収入得ながら延々と旅を続けられたらいいよね・・

いつも仕事で何か問題あったら・・と思うと怖くて家にPC置いてこれない気の弱い私ですが、
今回はそんな消極的な理由じゃない!
バリバリお金稼ぎながら旅しちゃうよ〜!

今、毎月不定期でスポット的な仕事があるのだけど、
旅行の計画がある旨を先方に伝えた際に

「旅行中も現地で仕事する予定なので、仕事あったらふってもらってOKです」

と言ってから旅立ちました。

旅立って3日目。スカイプからメッセージが・・・

「旅行中もお仕事受けていただけるとのことでしたが、依頼してもよろしいでしょうか?」

 

そんな感じでノマド旅スタートしました

約一ヶ月のノマドワーカーとしてやってみてわかったこと。

当たり前だけど、よい点と悪い点があった。

思いの外時間取られる。短期旅行だとやらないほうがいいヨ。

仕事する環境がどれくらい整えられるか?も重要!

PC使う仕事でもノマドに向いてる仕事と向いてない仕事がある。

それほどは稼げない。。(人によります)


私の感想・・
ノマド旅はアリ。
仕事内容はよく考えてから。
次があるなら前もって準備と計画が必要!

*あくまで私のやった仕事に関してです!

条件的にはこんな感じでしたが↓

  • いつも月に何件かやっている慣れている仕事(軽めのデザイン作業)
  • 単発の仕事で3件(依頼が合った時自分の都合で受けないことも可能)
  • 締め切りに余裕がある(1週間以上)
  • やり取りするデータが重い
  • やり取りの往復(細かい修正)がけっこうある

 

良かったことと難しいなぁと思ったこと。

良かったこと

  • 旅行中にギャラが振り込まれてほくほくした気分になった
  • 長めの旅程の中で、オンオフのメリハリがついた
  • 「私遊んでるだけじゃないし!!」って自分の中で色々折り合いがつけやすい
  • 買い物、SPA、食事でちょっぴり奮発しても罪悪感が少ない。

難しいなぁと思った点

  1. 行く国によってはネットが遅い&不安定で重いデータの受け渡しが出来なかった。
  2. 普段は超夜型なのに、夜早く眠くなる(なにげに健康的な生活を送ってる)
  3. まとまった時間確保するのが難しい時もあった。(思いの外時間なかったりする)
  4. 細かい修正の往復があるけどすぐに対応は出来ない(締め切りタイトなものは無理)
  5. 家で作業している時より時間かかった。
  6. ホテルに作業できるデスクと椅子がないと辛い

1について
滞在地では現地でsimを購入してネット利用またはホテルのwifi利用。

ネットの速さを日本と同じと考えていると危険だヨ!
メール送信さえあやうい時もありました。

サクサクな国・街・・ソウル、タイ(特にバンコク)
まあまあな国・街・・シェムリアップ、マラッカ
ひどすぎ!どうなってんの?な国・街・・ラオス、ワーストはペナンとクアラルンプール

ライターのようにテキストのやり取りのみならそれほど問題ないと思う。
今回重い画像データのやり取りがあったけど、まったくダウンロード出来ないことがあって焦った。
まあまあなシェムリアップでも日本では2分くらいで落とせるものも10分、15分かかることも多々あり。

マレーシアは事前のネット情報だと、ネット環境良好って書いてあったんのに実際はほぼ繋がらない状態でした。
ホテルのwifiも全然だめ。何か設定いじったらつながるとかだったの?
とにかくそのままじゃ全然ダメで、それを調べようにもネットが繋がらないんでね٩(`ω´٩ꐦ)//

2について
普段私不眠気味なんですよ。いつも明け方まで眠れないの。
でも朝には眠れるから不眠じゃない?

だけど暑いし動き回って疲れているせいか、夜9時くらいになると眠くなっちゃって〜

計画では一人旅だし夜は暇だろう・・。
夜ごはん食べ終わって夜10時くらいから夜中1時くらい、週3、4日なら無理なく仕事しながら旅も楽しめるよね!
って思っていたのに全然でした。
けっこう消耗してるんだなぁと思った次第。

3について
観光の合間にけっこう空き時間があると思っていたけど、シャワーあびたりお茶のんだり昼寝したり←
していると仕事するほどまとまった時間が取れなかった。
「30分後から2時間は仕事するぞ!」って感じで、きちっと時間管理できないと何も出来なくなってしまう。

4について
今回数泊ずつで移動していたので、ちょっとした修正、、やれば5分で終わるような作業も丸1日出来ない!なんてことも多々あり。
揺れるバスや鉄道の中では酔っちゃうから作業も出来ないからね。
先方からの返事も必ずすぐもらえるわけじゃないので、とにかくやり取りに時間がかかりました。

5について
これは人によると思うけど、環境が違うと仕事にノルまで時間かかったり(←何気に神経質か?!)

6について
作業環境確保するの大事!
私のやっていた仕事は負荷は少ないデザインの仕事(そんなにクリエイティブな感じじゃないやつ)

マウス必要だし、ベットの上でゆったりしながらノートPCカタカタ・・みたいなおしゃれな雰囲気でやってたらいつまでたっても終わらないし、そもそもあの体勢じゃ出来ないんでね。

椅子とデスクの高さが合ってないと疲れて肩が凝るし、椅子もスツールのような背もたれないおしゃれ系だとホント疲れが半端ないです。
固い木の椅子も長く座っているとちょー疲れた。
あとホテルにデスクと椅子が必ずあるわけでもないからね!狭い部屋の場合ないこともあるよ。

何気にそんな地味なことがけっこう影響しました。そのせいか?日本でやるより作業に時間かかってしまう要因だったりなかったり。

 

ノマドワーカーに向いてる仕事はなんだろう?

やっぱりライターが一番じゃないですかね?
締め切りがタイト!とか、文章がなかなか書けない!みたいな苦しみはあるかもしれないけど、
もし自分のpcが壊れてもネットカフェで作業できたり場合によってはスマホから送ることも出来そう。
↑この手の物理的な問題は解決しやすいのではないかな?

ライターの中でも締め切りがないやつ・・自分のブログやアフィリエイトサイトを更新してお金になる人最強。

ネットショップなんかも、ドロップシッピングとかAMAZONのFBAとか、
ネット上で手配が完結してお客様へのメールのやり取りだけで実際出荷作業が伴わないようなものはよさそうです。

ネットショップでも、旅の先々で現地の素敵なものを仕入れて・・なんてカッコイイけどそれはちょっと手軽には出来ないよね。
周遊旅するなら荷物の増えて大変だし日本に送るとなると送料がすごい高いですよ!特にエアは高い。
船で送ると一ヶ月とか到着までにかかります。
あと関税もあるのを忘れずに!

デザインなんかは、一からつくるクリエイティブなものは危険な香りがします。。
アイディアの神が降りるのを待つ・・のは、たぶん旅行中は神は不在ですよ。
ルーチン作業的に出来るもならアリ。でも締め切りタイトなものは相手があるものなので十分考えてからね!

事務系の仕事はあまりやったことないので詳しくないけど
給与計算とか資料作るとか?アウトソーシングでやってる人ならそのまま海外で出来そうな気がします。

あとは、旅先でPC壊れるってこともあるから、その場合対処できるか?って考えてからやるべし。
私は、壊れた時怖いからノートPC2台持って行こうか?って一瞬考えたんだけど
そこまでがっつり仕事ばかりするわけじゃない!いや、しちゃダメでしょう。旅行だよ?って思ってやめました。

それで、一ヶ月の稼ぎはいくら?

出発前に着手はじめて旅行中にも作業が食い込んだものがあるのでそれは割り引いて考えて。。

だいたい4.5万円くらいでしたっ!!

帰国の少し前は依頼がきたけどやらなかった(日本に戻ってからやろうと思って)ものがあって
それも頑張ってやっちゃえば7万くらいだったと思います。

この数字見てどうですか??
私的には・・・効率悪っ!
って感じです。

普段半日でやっている作業を2、3日かけてやったり、
相手とのやり取り長引いて手離れが悪かったので、
毎日修正依頼きてるかな?と気にしてメールチェックしてるので何もしてなかったとしても、
毎日仕事してる感?みたいなのがあり。

この収入だけじゃ旅を続けるのはむーりーーʅ(´-ω-`)ʃ
でも金額だけみると
チェンライでの滞在費がまるまる出せた感じだなー
とか
スパ3回分はこの金額でまかなえたなー
とか
食費二週間分まかなえてる額だなー
とか思うと、やっぱり嬉しい収入♪

あまり仕事してると旅がおそろかになっちゃうけどね!
(1日締め切り間に合わないそうでホテルで日中ずっと仕事していた日がアリ・・)
次回もあったらもっとうまくやれそうな気がする←やるのか?オレ・・。

人気の記事

1

  こんにちは、プチ鉄オタのぴょんきちです。 鉄道の旅というとロマンを感じるのは深夜特急の影響でしょうか・・ バックパッカーのバイブル「深夜特急」ですが、 私は最初に深夜特急を知ったのは本よ ...

2

*パダンブサールからバタワース行きの電車のタイムテーブル追加しました('18.8.16) こんにちはぴょんきちです。 いよいよ本当の「マレー鉄道」に乗りますよ。 長年やりたかった鉄道で国境越え、マレー ...

3

  こんにちはぴょんきちです。 前回ランパーンからバンコクまでタイ国鉄寝台列車の新型車両について書きましたが、 今回はバンコクからパダンブサールまで、新型じゃない従来の車両に乗ったのでそのレ ...

-2017年新春 東南アジア周遊, 役立つかもしれない情報
-, ,

Copyright© そこそこトラベラー , 2019 All Rights Reserved.