2018年春ベトナム・タイ タイ Thailand 役立つかもしれない情報 旅の準備&情報

【タイ・ソンクラーン】渋滞と水掛は回避できるのか?パタヤのソンクーラン体験記|2018年

投稿日:

タイの4月は1年で一番暑い季節。
そう、タイを代表するお祭り「ソンクラーン」の季節です。

2018年のバンコク・パタヤの旅程は4/12(木)から4/15(日)と偶然にもばっちりソンクラーンの時期にあたってしまいました。(まったく望んでない)
2泊しかないパタヤでのバカンス。週末だし渋滞にハマりたくないし、水掛祭りにも参加せずに濡れずに過ごしたいと思って臨んで今回の旅。

結論から言うと
バンコク→パタヤは朝早めに出たら渋滞なし、パタヤ→スワンナプームは夕方ホテル出発で渋滞なくスムーズに移動できました(上の写真はバンコクからパタヤに向かう時の車内から撮った高速道路の写真です=空いてる)
水掛はノースパタヤは大丈夫だけど、セントラルパタヤ(セントラルフェスティバルあたり)はヒドイ。無キズは無理で溺れたかのようにずぶ濡れになりました。

これからソンクラーン時期にタイに行く方の参考になれば幸いデス。

私はもうソンクラーンには行きたくないヨ!

ソンクラーンとは?

参考までにソンクラーンについてはこちらをどうぞ。
ちなみにパタヤはソンクラーンが長く、一番盛り上がるのは4/19だそうです。

ソンクラーンとは、太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝う伝統行事です。もともとは、仏像や仏塔、さらに年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習が受け継がれて来たソンクラーン。一年で最も気温の上がる季節の、暑さしのぎとしても親しまれてきました。

近年はそれが転じて、街で通行人同士が水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」として知られるようになり、バンコクはもちろん、各地で独自のイベントが開催され、これを目当てに多くの旅行者がタイを訪れるようになりました。

尚、現在では、毎年4月13日〜15日の3日間で行うものとされ、タイの祝日にも定められています。

-タイ国政府観光庁のWEBより-

ホテル・ルート・時間・送迎会社などを詳しく

送迎をお願いしたオールパタヤさんと相談して、出されたプランはこちら↓

バンコクのホテル
ぴょんきち・・プルマンバンコクキングパワー(エリア:パヤタイ周辺)
私はホーチミンからバンコクへ移動してきた日に一泊バンコクで一人で宿泊
ピックアップ予定時間:7:45AM

旦那さん・・ロイヤルオーキッドシェラトン(エリア:リバーサイド)
バンコク出張中だったので仕事の関係で会社関係の人とシェラトンに宿泊
ピックアップ予定時間:8:30AM

寄り道ルート:ルートは往復とも高速利用。行きにサンクチュアリーオブトゥルースに立ち寄り観光
到着予定時間:11:00AM

パタヤのホテル
デュシタニパタヤのクラブカテゴリを予約(ただこのあと予約した部屋が取れてなかったというトラブルに見舞われるのでした・・)
到着予定時間:12:30PM
ピックアップ予定時間(帰り):17:30(現地で15:30に変更)

帰国便:23:30PM

送迎をお願いした会社オールパタヤ(日本語可)

ソンクラーン初日、バンコクからパタヤまでの移動

2018年のソンクラーンの日程は4/13(金)から4/15(日)でした。
ばっちりソンクラーンに当たってます。

ホーチミンは一人旅だったけどバンコクで出張終わりの旦那さんと合流予定。
一人だと予定通り進まなくてもあまり気にならないけど、相方がいる場合はお互いイライラしがちなのでなるべくスムーズにいくよう念入りに計画。

今回はホテル2箇所のピックアップだったので早めに出発

google map上ではプルマンとシェラトンの位置関係はこんな感じ。9キロ弱で空いていれば15分程度の距離と出ているけど、オールパタヤさんの予定表では45分の時間を取ってあった。
待ち合わせや乗り降りの時間がプラスされてるのだろうけど、けっこうな幅もたせすぎじゃない?って思ったけど
当日の朝ドライバーとうまく落ち合えず15分くらいウロウロしたのでよかったのカモ。

名前を書いた紙を持って立ってるわけじゃないし、ホテルのインフォメーションの椅子に座ってスタッフと話してたんで見つけられかった

早朝で人は少ないけど、キョロキョロして私を探すフリくらいして欲しかったよ。まあでもいい人だったからいいんだけど。この辺は時間の余裕をみておいたほうが吉。

ということで、ホテルを出発したのは8:00AMごろ。プルマンからシェラトンまでの道は空いていてまったく渋滞なし。そして早朝のせいかソンクラーンの雰囲気は全然なく水鉄砲持っている人もゼロでした。

シェラトンからサンクチュアリーオブトゥルースまでも渋滞なし

15分くらい予定を押してプルマンを出て、シェラトンについたのがほぼ予定通りの8:30AMごろ。
ここからノンストップでパタヤに移動。約2時間で到着・・11時ちょっと前くらい。

朝早く出たのでパタヤに早く着きすぎてしまうので、途中観光を入れました。
行った場所・・サンクチュアリーオブトゥルース
宿泊予定のデュシタニパタヤから近いノースパタヤにあるので行きがけによるのにちょうど良い◎
中に餌やりできるミニ動物園があって10回くらい餌やりしてしまいました。

 

サンクチュアリーオブトゥルースからデュシタニパタヤまで30分弱

サンクチュアリオブトゥルースを出た時間を正確に覚えてないのだけど・・
ここからホテルは30分弱でした(ホテルの車寄せに止めるまでで)

4/13(金)到着日のノースパタヤは静かなもんでした

もうオバさんさんなので水掛けとか本当に勘弁してほしくて、ただゆっくり休暇を楽しみたかったんですよ。

到着日の外出は、昼頃ランチに近所のレストランへ行ったのと、夕方安い街マッサージに行ったのみで水濡れナシでした。

デュシタニホテルを出てドルフィンサークル(大きいロータリー)からナクルア通りに少し入ったあたり。
静かです。人もいない。午後12時ごろ。

4/14(土)はセントラルフェスティバルから帰る道中ずぶ濡れに

ホテルで嫌なことあったので、ホテルにいたくなくて朝ごはん食べたらソッコー一人で外出しましたヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

午前11時前にデュシタニ前からソンテウ拾ってとりあえずセントラルフェスティバルへ。
一応ビニールバックに荷物を入れてタオルを1枚入れていった。

街はまだ静かなもんです。

ビーチ沿もソンクラーンな雰囲気はそれほどなく。
やっぱりパタヤはまだ盛り上がってる時期じゃないのか?くらいに思ってたよね。

セントラルフェスティバルに近づいてくると車の量も増えて、途中でソンテウに乗ってくる欧米人のツーリストはみんなスマホをビニールの防水ケースに入れて首からさげてました。

くす。気分だけはお祭りに参加してるのね

くらいに思っていた私のバカ

夕方までずっとセントラルフェスティバルで買い物したりご飯食べたりマッサージしたりで時間を潰し、
インスタントのおかゆをスーパーで買いだめして5キロくらいある袋を抱えて16時ごろホテルにセカンドロード側に出てソンテウを探す。

探してる間に水鉄砲でピューピューやられながら、ソンテウを止めるも、デュシタニホテルに行きたいというと何台か断られ、やっとOKだったソンテウも少し手前までなら・・ってことで(手前といっても5、6分くらい歩いたよ)乗りました。

ここからは写真撮る余裕などなく(防水ケースにも入ってないし)地獄をみました。

<地獄のような20分・セントラルパタヤすごすぎる>
水鉄砲でピューピューやるくらいならカワイイもの。
ほとんどの人がでかいバケツに氷水を入れてキンキンに冷やした水を二人がかりでソンテウに向かってバッシャバッシャかけてきます。
現地の人に混じってツーリストの欧米人も私の乗ってるソンテウに向かって氷水をぶちまけてくる。
渋滞してるのでノロノロなので何杯も水をかぶる始末。
車が止まると近くまできて、頭から水をバシャーーーとかけられたよ。ほんとマジ殺す!って思いました。

最初は「アハハハ」「キャーキャー」言っていた同乗車のツーリストたちも次第に無言に・・。
冷たい水をかぶりつつ車で走るので体が冷えてめちゃ寒い。唇青くなってくる。

私は荷物を抱えて体を丸くかがめ、目をつぶり(目に水が入るから)20分くらいでしょうか・・、嵐が去るのをじっと耐えていたのでした。
道路がまったく濡れてない静かなエリアで降ろされ、ぐっしょぐしょの濡れネズミ状態での私のことを、現地の人たちは指をさして笑ってました。

バケツの水20杯以上かぶったよ。何この仕打ち・・罰ゲームですか?

4/15(日)帰国日のホテル→空港間は車は多いけど渋滞はナシ。

帰国便は23:30分。デュシタニはノースパタヤなのでスムーズに行けば1時間半から2時間の距離です。
ピックアップは17:30を予定
していたけれど、ホテルでトラブルあってもう早く帰りたかったので15:30に時間を変更してもらいました。

ただここでもドライバーと落ち合えなくて、30分以上お互いウロウロしてしまった。
名前書いた紙持ってきてくれた方がいいのにー。
デュシタニ大きいホテルだからか?こっちがウロウロしていて、ドライバーもウロウロしていてもあまり気にかけてくれなかったよね。

16:15くらいにホテルを出発して、18時くらいに到着しました。道路は車は多いけど普通に流れていて、途中一瞬混雑した時があったけど、すぐ解消されてました。

まとめ

朝早く出ればバンコク市内はソンクランの影響はなさそう。

今回はパタヤからスワンナプーム空港直行だったけれど、バンコク市内に戻る場合は早朝か夜遅くでない限りは渋滞していそう。

繁忙期で送迎車はバンコクーパタヤ間二往復とかしているみたいで、お迎えが遅れる可能性あり。パタヤはセントラルフェスティバル周辺は水掛け激戦区

濡れたくないけど出かけたい時はホテルカーをおすすめします。

ソンテウ乗るならナイロンなどのフード付きの上着がよさそう。

スマホの防水忘れずに!

人気の記事

1

  こんにちは、プチ鉄オタのぴょんきちです。 鉄道の旅というとロマンを感じるのは深夜特急の影響でしょうか・・ バックパッカーのバイブル「深夜特急」ですが、 私は最初に深夜特急を知ったのは本よ ...

2

*パダンブサールからバタワース行きの電車のタイムテーブル追加しました('18.8.16) こんにちはぴょんきちです。 いよいよ本当の「マレー鉄道」に乗りますよ。 長年やりたかった鉄道で国境越え、マレー ...

3

  こんにちはぴょんきちです。 前回ランパーンからバンコクまでタイ国鉄寝台列車の新型車両について書きましたが、 今回はバンコクからパダンブサールまで、新型じゃない従来の車両に乗ったのでそのレ ...

-2018年春ベトナム・タイ, タイ Thailand, 役立つかもしれない情報, 旅の準備&情報

Copyright© そこそこトラベラー , 2019 All Rights Reserved.