2017年新春 東南アジア周遊 タイ Thailand マレーシア Malaysia マレー鉄道 旅行記-オレの細道- 鉄オタ女子Light

【マレー鉄道】マレー半島縦断の旅〜国境越え(パダンブサールーバタワース) 2017年新春 女一人旅・東南アジア周遊('18.6.11追記)

投稿日:2017年5月13日 更新日:

*パダンブサールからバタワース行きの電車のタイムテーブル追加しました('18.8.16)

こんにちはぴょんきちです。

いよいよ本当の「マレー鉄道」に乗りますよ。
長年やりたかった鉄道で国境越え、マレー半島縦断の旅!

マレー鉄道で国境越え!パダンブサール駅での入出国はわかりやすいから心配なし!

バンコク15:10発の列車だと、パダンブサール発バタワース行きは10:25発か12:25発のコミューターに乗り継ぎです

構内に両替やsimが買えるところはナシ。食べ物飲み物が買える売店はあり

事前に周遊simを購入しておくことを強くおすすめします!

>>周遊sim(Amazon)・・現地で買うより安かったりします

パダンブサール駅は、タイ側の駅とマレーシア側の駅があるので注意!

上の写真はタイのパダンブサールです。
ここでけっこうタイ人が下車するのでつられてしまいそうになるけれど、降りるのは次のマレーシア側のパダンブサール駅。この間10分くらい。
間違えちゃったらどうしよう・・
とかちょっとドキドキしてましたが

大丈夫!
車両にいるお世話係りの人や両替のおじさんなんかが
「ここじゃないよ!次ね次!」と頼まなくても世話焼いてくれました。

タイ時間8:50着(マレーシア時間で9:50)駅到着!
チケットに記載のある到着時間はタイ時間?それならほぼ時間通りの到着。マレーシア時間だったら1時間遅れって感じですか?なんかもっとめちゃ遅れるイメージだったので意外・・

普通の小さい駅です
ここで降りるのはほぼ外国人旅行客で、私が行った時は人もそれほど多くなかったよ。

間違わずに入出国できるかドキドキ

次に心配なのが
「間違わずに入出国できるかしら・・」ってことだよね?
行くまではその辺がけっこう心配で、他の旅人の旅行記見てもいまいちイメージわかずに心配してたんですが
この辺も大丈夫です!

おじさんが立ってて案内してくれます。

イミグレはすぐクローズしてしまうことあり・・って情報を見ていたので、ここであちこち写真撮りまくったりしないでそそくさとイミグレに向かいます。
それにバタワース行きのコミューターは10:25発
時間がないっっ!

ホームにあるイミグレの建物?に入ったところ
イミグレで私の前に並んでいたのはこの家族連れののうち3人だけなんですが、
出国なのにイミグレの進みが遅い!!

10:25発に乗れないと次は12:25発。
もし乗れなくても途方にくれるほどの時間ではないのだけど、私はペナンで14時に約束があり焦っていたのです。。。

旅行中は予定は時間に余裕持って決めないと危険。タイの鉄道なんてまず遅れるからね!

無事タイを出国して、そのまま通路に沿って行くとすぐにマレーシア側のイミグレ。

マレーシア側の手荷物検査で執拗なチェックを受ける

さくっと簡単に通過できると思ったら
予想外に荷物検査のところで全部開けて検査されたんですケドーー

え?私なんか怪しい?
オバサンが一人旅してるから?

スーツケースもサブで持っていたバックも隅から隅まで全部あけて調べて、汚れた洗濯ものが入ってる袋も全部あけて出してみてるしさ。
お土産の袋まで調べてるよ。
その中にカンボジアでコショウ(カンボジアはコショウで有名なんだって)お土産にいっぱい買ってあったのだけど、その袋まで開けようとするじゃないですか!!

ちょっと待って!これはペッパー!カンボジア名物の!ここにも書いてあるっしょ!お土産だから開けないでちょうだい!!!

とちょっと強めに言ってしまったよね。
だって開封されたらお土産にできないじゃないのー。

そしてパスポートをギロギロチェックしてカンボジアのスタンプを確認し、タイの入国のスタンプがチェンコンなのはなんでか?とか聞かれたり・・
なんですかこれ・・
日本のパスポートでここまで言われたの初めてなんですけどー。
海外行く時は日本のパスポートの強さにいつも感謝の気持ちをもって旅してたのにぃ。

なんかちょっと気分悪いなぁ(;´ρ`) グッタリ

 

 

無事10:25発のコミューターに乗車!

やっと通過したら、次はKTMコミューターの切符を買います。

イミグレ通過すると、またおじさんが立っていて2Fで切符買うんだよーと教えてくれる
2Fに行くのに階段しかない・・。荷物が多い&重い。と思っていたら
おじさんが
「荷物見ていてあげるからここに置いて切符買っておいで」
と言ってくれるじゃないですか!

なんかマレーシアの人親切な感じがるす・・
これは気のせいじゃなくて、マレーシアの人は親切な人がとっても多かったです。

コミューターの詳しい時刻表はこちら
・パンブサールーバタワースは11.4リンギット
・乗車時間は1時間50分です
・パダンブサールからバタワースまでの時刻表はこちら↓(KTMに掲載されている時刻表/'18.6.11追記)

駅構内はちょっとした売店がありました。何も買ってないけど。
イミグレですごく時間取られた気がしてたけど、思ったほどじゃなかった・・
10:25発に間に合いました!これでペナンで14時の約束も大丈夫か?!
なんかいつも綱渡りなオレ・・。

今回駅到着(タイ時間AM8:50、マレーシア時間AM9:50)から切符買うまでで20分ちょっとでした。
バンコクから15:10の列車で来ると10:25発のコミューターに乗るのにあまり時間の余裕はありません!
到着がもっと遅れたり、イミグレにもっと人が並んでいたら間に合わない感じ。
私はトイレも行かず、到着したらすぐイミグレ並んで売店も買い物なんかもしないでこの時間でした。

コミューターが入ってきました
車内はこんな感じ。
これで1時間50分乗ります。

マレー鉄道の旅・・と言ってもこんな通勤電車みたいなやつなので旅情はあまりないです。
イメージ的にはタイ国鉄の方がマレー鉄道で行くマレー半島縦断の旅って感じがする。

タイのsimは次の駅に着く頃に使えなくなりました。。

停車する駅はこんな感じ

バタワース到着!!鉄道で国境越え出来ました!

バタワース到着!!


KTMの駅はどこもこんな感じできれい。

新しくて綺麗な駅

長年の夢、鉄道で国境越え!を体験できましたー
コミューターのせいであまり旅情や感慨深いものは感じなかったけどとにかく目的の一つは達成!

さ、次はフェリーに乗ってペナン島へGO!

 

アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G
空路以外で国境を超える場合はSIMがすぐ買えない場合も多いので、複数の国で使えるSIMがあったほうがよいです。利用可能国にタイが入ってないですが実際は利用可能です。*タイでは別途チャージして使用可能・・なはずなんですが、最近チャージしようとしてもタイで使えなかったという話も聞いたので別途タイ用のSIMを持って行った方がよいかもしれないです。

こちらの記事もどうぞ


【タイ国鉄】マレー半島縦断の旅〜新型車両と従来の車両との比較レポート!(ランパーンーバンコク)2017年新春 女一人旅・東南アジア周遊

  こんにちは、プチ鉄オタのぴょんきちです。 鉄道の旅というとロマンを感じるのは深夜特急の影響でしょうか・・ バックパッカーのバイブル「深夜特急」ですが、 私は最初に深夜特急を知ったのは本よ ...

【タイ国鉄】マレー半島縦断の旅〜新型車両と従来の車両との比較レポート!(バンコクーパダンブサール)2017年新春 女一人旅・東南アジア周遊

  こんにちはぴょんきちです。 前回ランパーンからバンコクまでタイ国鉄寝台列車の新型車両について書きましたが、 今回はバンコクからパダンブサールまで、新型じゃない従来の車両に乗ったのでそのレ ...

【タイ国鉄】最西の駅へ線路の終わりを見に行く(トラン駅→カンタン駅)女一人 タイ国内小旅行

こんにちは、プチ鉄オタのぴょんきちです。 バンコクから小旅行でトランに行きました。バンコクからトランはノックエア。 初めて乗ったけどグッズがかわいいし無料で水が配られてしかもボトルがかわいかった。 今 ...

【タイ国鉄】新型車両と時刻表(2017年)チケットオンライン予約も再開されましたー!('18.6.11更新)

(2018.6.11更新) タイ国鉄のリンク先をオンライン予約サイトに直リンクに変更しました。 料金やタイムテーブルは乗車当時のものです。わかる範囲で変更してますが行く前には最新情報調べてくださーい。 ...

人気の記事

1

  こんにちは、プチ鉄オタのぴょんきちです。 鉄道の旅というとロマンを感じるのは深夜特急の影響でしょうか・・ バックパッカーのバイブル「深夜特急」ですが、 私は最初に深夜特急を知ったのは本よ ...

2

*パダンブサールからバタワース行きの電車のタイムテーブル追加しました('18.8.16) こんにちはぴょんきちです。 いよいよ本当の「マレー鉄道」に乗りますよ。 長年やりたかった鉄道で国境越え、マレー ...

3

  こんにちはぴょんきちです。 前回ランパーンからバンコクまでタイ国鉄寝台列車の新型車両について書きましたが、 今回はバンコクからパダンブサールまで、新型じゃない従来の車両に乗ったのでそのレ ...

-2017年新春 東南アジア周遊, タイ Thailand, マレーシア Malaysia, マレー鉄道, 旅行記-オレの細道-, 鉄オタ女子Light
-, , ,

Copyright© そこそこトラベラー , 2019 All Rights Reserved.